誕生日占い

12月3日生まれ解体新書|性格・特徴から恋愛傾向まで徹底解剖

<h2>12月3日生まれの性格や特徴「 情熱的なムードメーカー 」</h2>

12月3日生まれの人は、純粋で明るくユーモアのセンスに優れた人当たりのよい性格をしています。
そのため、気付いたら周囲に人の輪ができあがっており、自然と交友関係も広くなる”社交的な人”といえるでしょう。

子供のように純粋な心を持つため大らかに見えがちな12月3日生まれ。
興味を示したものに対しての探究心においては他を抜きん出ている面を持ち合わせます。

12月3日生まれの人は、没頭すると周りが見えなくなることがあります。
しかし、他者の助言には素直に耳を傾けて協調性を重んじる慎重派でもあります。
1人でやり込むよりも、ライバルを持つことで成長著しくなりそうですが、相手をライバル視するあまりいつのまにか孤立しないよう注意が必要です。

12月3日生まれの人が注意すべき点は、熱しやすく冷めやすいところ。
一度興味を持つと今ある約束を差し置いても挑戦し、情熱を注ぎ込む好奇心旺盛さゆえに、約束を投げ出してしまうといったことがあるでしょう。

持って生まれた人徳を失わないためにも、一度引き受けた約束を完遂することに注意することで、魅力を格段にアップできます。

安定と平和を望む特徴を持つ12月3日生まれの人は、争いを嫌い、人と人との仲を取り持つことに長けています。
学校においては学級委員、職場ではリーダーを任されるといった機会も多くあるでしょう。

ひた向きで社交的、さらに協調性を重んじるために周囲から頼られて、オーバーワーク気味の仕事を任される可能性も。
そんな時には、日頃から12月3日生まれの人に信頼を寄せて集まってくる人たちの中から、思わぬ助け舟が得られそうです。

意図せず人を惹きつける才能を持つ12月3日生まれ。
歳を重ねても純粋さや社交性、自身の興味の対象への情熱は失われることなく、築き上げた人間関係により社会的成功をおさめることも出来るでしょう。

<h3>12月3日生まれの隠された特徴とは?</h3>
12月3日生まれの人は、何でもそつなくこなす器用さを持ちながら飽き性な面を持ちます。
その両極端さから、本来持ち得る実力よりも下の評価を付けられる可能性もあります。

興味を持ちさえすれば、積極的にものごとに取り組み情熱を注ぐこともいといませんが、熱が冷めてしまったり他のことに興味が移ると途端にやる気をなくしてしまいます。

モチベーションの維持に気を付けることで、能力を最大限に発揮でき、人並み以上の成果も期待できるため、伸び代のある性格とも言えるでしょう。

また、周囲からの協力を得やすいため、上手く仕事を振り分けることでより良い結果を得ることも可能です。

前向きで明るい性格が影響し、初対面の相手からの印象も良いことが多いのが12月3日生まれです。

素直で嘘を付けない性格上、オブラートに包んだ言い回しを苦手とするために勘違いされることもあるでしょう。
しかし、持ち前の明るさで対人関係で苦境に立たされることも少ない傾向にあります。

<h3>12月3日生まれの本質的な人間関係</h3>
その場に居るだけで異彩を放つ12月3日生まれ。
コミニュケーション能力に長けているため、相手の懐に入っていく才能は群を抜いています。

他の誰にも話せない悩みであっても、12月3日生まれの人にはなぜか話せてしまう。というような場面にも多々遭遇しそうです。

物腰柔らかで、ユーモラスな性格のため交友関係が広く、あらゆる分野・シーンでその顔の広さが優位に働きます。

ただし、嘘を付けない正直で真面目な面を持つため、稀に誤解を招くことがあります。
そうしたちょっとした人間関係の拗れも、周囲の助けにより解決の糸口を見つけられそうです。

親交を深めることで得るものに対し、傲慢にならず謙虚さと感謝を持つことで、生まれた友情や愛情を深められるでしょう。
<h2>運命の転換期!婚期やモテ期も分かるかも</h2>
20代後半まで、好調な運気を持つ12月3日生まれのモテ期・婚期ですが、30代に入る頃にその運気はガクッと下がってしまいそう。
結婚を考えるのであれば、30代に入る前が吉です。

仕事運が実り始めるのが、40代になってから。
これまで着実に積み上げてきたものが、ここに来て大きく成果を出すでしょう。

金運についても、40代半ば頃から少しずつ上向きになりそうです。
収穫のない長いトンネルを越えて、時間をかけて育て上げた豊かな土壌に新芽が芽吹き始めるのもこの頃です。

<h2>12月3日生まれの恋愛傾向♪恋の癖が丸裸?</h2>
30代に入るまでは特段努力しなくても異性から声を掛けられることの多かった12月3日生まれの人ですが、30代に入ると運気が低迷しそう。

元々のコミニュケーション能力の高さから、性別・年齢問わず広い交友関係を持つものの、恋愛関係にまで発展することなく婚期を逃すこともあるでしょう。

また、パートナーにしたい相手に対して高望みをする傾向があります。
妥協を許さず、自分自身にも相手にも高いハードルを課せるために負担になってしまう可能性も。

あまりに深く思案することで、相手から距離をとられてしまうことすらあります。

しかし、これらの行動や言動は全て相手との将来を思ってのこと。
相手に求める要求と同様かそれ以上に、自己研鑽を惜しまないのが12月3日生まれの恋愛に対するモチベーションと言えるでしょう。

カップルや既婚の方は、付き合いが長くなるにつれて相手に対する愛情が冷めてきたり、疑心暗鬼になる時期が訪れそう。

熱しやすく冷めやすい性格のため、火遊び感覚でパートナー以外と関係を持つ人も。
一時の気の迷いでこれまでの信頼関係を失えば連動してその他の友人の信用も失いかねません。

30代からの恋愛運は、小さな信頼の積み重ねにより成熟し、これまでより深い愛情を育むことができそうです。

<h3>恋愛・結婚までの道のり…近道は身近に存在する!?</h3>
飽き性の12月3日生まれの人にとって、いずれ訪れる倦怠期への心構えは必要事項となります。

倦怠期と感じた時点で見切りをつけることも多いため、新鮮さを保つためのサプライズの計画をこまめにすると、今後の2人にとって良い結果を生み出せそうです。

どうしても他の異性に目移りしそうな時には、恋愛以外の仕事や趣味に主軸を移してみると、気持ちがリフレッシュ出来るでしょう。
一旦距離を置いて相手を見つめ直すことで、相手の良さの新たな発見にも繋がりますよ。
<h2>12月3日生まれの仕事の資質</h2>
興味のある仕事に対して、持ち得る情熱を一身に傾けることができる12月3日生まれ。
自分の興味のある分野に対しては、モチベーションを保ちながら仕事に注力できるものの、一旦興味を失ったときのやる気の喪失も大きいようです。

単一的な作業は飽きがくる可能性が高いため、変則的に内容の変わる仕事が向いています。
また、単独行動を苦手とする人が多いのも12月3日生まれの人の特徴です。
チームワークを必要とする仕事を好みますが、たとえチームの一員であろうとライバルを据え置くことで自身のモチベーション維持に努めようとします。

ただし、著しくチームワークを乱すといった行動をすることはないでしょう。
これは、12月3日生まれの人が持つ協調性や、社交性スキルの高さからくるものです。

仕事内容に対するこだわりが並外れているため、自身の範疇にない仕事を面倒なルーティンとしてこなすに徹することもありがちです。

そのため、経営者やリーダーなど、人に仕事を振ることが可能な仕事で頭角を見せられそうです。

<h2>12月3日生まれの基本データ!星座や誕生花・誕生石一覧</h2>
12月3日生まれの人の星座・誕生花・誕生石は以下の通りです。

・星座
射手座

・誕生花
ベラドンナ

・誕生石
ホワイトジェダイト