夢占い

探す夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】探す夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて「探す夢」は、吉夢が中心です。表す基本的な意味は【希望】です。

新たなステップを踏もうとしているような、希望をもった状態を表しています。未開の自身の能力を開花させたい意思や、新しい環境への移行を計画していることを暗示しています。

一般的に重要と認識されていないもので、自身にとってかけがえのないものがあることを暗示しています。そして、それを希望をもって探している表れです。

一度は過去に手放したものごとを、希望をもって取り戻して再入手することを示唆していて、対象は元々付き合いがあった人物や、昔に手放したモノであったりと多岐にわたります。

つまり、新たなステップが過去を取り戻すことを指している場合もあって、それに共通するのは「希望をもった心」です。

探す夢を見る心理的な背景とは?

ごく最近に、変わってしまった自分に気づいて幼いときの希望に満ちた心や、純粋さ、素直さなどを取り戻したい思いから探す夢を見ることがあります。

自分自身を見つめ直そうとしている暗示が出ていて、これを超えた先に強固な人格形成がなされる可能性が暗示されています。

そして、自身の弱点を受け入れて改善する心の余裕をもつことができてる状態を示唆していて、この時期にみる映画や本から学び取る吸収力の強まりが表れています。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返し何度も同じ内容をみる場合は、自分の年齢に対して希望をもって過ごす同年代に対しての焦りや、そのための新たなステップに何が必要なのかを真剣に考えている表れです。

それと同時に、追い詰められているような圧迫感や緊張感が心理にあって、視野が狭くなっている状態への警告であることを暗示しています。

常識や世間の声に囚われすぎていないかを、あらためて確認してみる必要性が示唆されています。

人生を「人の生き方」と捉えるのではなくて「自分の生き方」と考えることで、希望を持って新たなステップを刻む可能性があることを夢が伝えています。