夢占い

ペットの夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】ペットは吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて「ペットの夢」は、吉凶を表すというよりも未来に起きることを予兆したものになりますので、【予知】が基本的な意味になります。

夢を見たのが女性であれば、妊娠する(した)ことを予知している可能性があります。夢のなかで、ペットを人間の赤ちゃんのように愛でている場合は、その可能性がより高くなります。

妊娠の予知である可能性があるかの判断は、夢の中でのペットにたいしての感じ方や印象がとても穏やかで母性をくすぐられるものであったり、夢が鮮明である場合です。

妊娠の予知以外には、飼っている(いた)ペットが、現実世界でこれから起きる災難を事前に知らせてくれているケースがあります。

その場合は、夢のなかのペットの会話や表情、仕草などからメッセージを汲み取ることで対処できる問題であることを示唆しています。

ペットの夢を見る心理的な背景とは?

誰かを献身的に支えたい気持ちや、従順でありたいという気持ちがあると、ペットの夢を見ます。あるいは、そのようにされたい願望の表れの場合もあります。

ペットが飼い主にするように、素直に甘えてみたい気持ちであったり、自身の人生を預けられるような信頼できて頼れる存在を求めていることを暗示しています。

すでに恋人などのパートナーと良い関係を築くことができている場合は、子供をもち家庭をつくりたい憧れや願望、あるいは妊娠することを予知している可能性を示唆しています。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返して同じ内容をみる場合は、母なる愛情が膨らみを増して高まっている暗示です。結婚願望の強まりや、子供が欲しい気持ちが相当に高くなっていることを示しています。

そうでない場合は、現実に子供ができることを予知している可能性があります。同じ夢を繰り返す数が増えるほどに、その可能性が高いことを示唆しています。

恋人などのパートナーと上手くいっていないときに見る場合は、愛情に飢えている状態を暗示していて、寂しさに絶えきれなくなっていることを示します。

このとき、安易に浮気に走りやすい状態であることを警告していて、いっときの気の迷いが、のちの後悔に繋がることを示唆しています。

愛情の不足を外に求めるのではなく、現在のパートナーとの関係性が改善できないかをあらためて見つめ直す時期にあります。