夢占い

盗まれる夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】盗まれる夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて「盗まれる夢」は、特定の例を除いて逆夢です。基本的な意味は【好転・準備万端・体調への警告】です。

所有物や金銭を盗まれてしまうのは本来では、マイナスの出来事ですが夢占いでは逆夢で吉兆を知らせるものがほとんどです。

反対に、何かを手に入れる表れであったり、いまの状況が好転していく暗示であったりなど、問題が解決していくことを示唆しています。

人間関係や恋愛運にはじまり、仕事運や財運など運気全般が上昇している表れです。そして、そのような幸運を受け入れる体制も整っていて準備万端であることを示しています。

ただし、盗まれる夢は体の不調に対しての知らせる警告夢である場合もあるので、思い当たることがあるときは初期段階で気づくことで対策できる可能性があります。

盗まれる夢を見る心理的な背景とは?

問題事をかかえていたり、不安や悩みをかかえていることを暗示しています。ですが、これらは好転して解決していくので思い込む必要はないと言えます。

盗まれる夢を見たら、心理的な成長や余裕から何が起きても準備万端で、好転させていくことができる状態であることを表しています。

この時期は、誰かに頼られたりすることも多くなりますが、それぞれを上手く対処できる良いエネルギーで満ちていることが暗示されています。

誘いなどにのるにも良い流れがあって、思いもよらぬところから自身の幸運につながるような出来事も起きやすくなっています。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返し同じ内容を見る場合は、夢が体調面に対して、強い警告メッセージを発している可能性があります。

繰り返し教えてくれるのは、事前に気づくことで事なきを得ることを表していますので、しばらくは自身の体をいたわる必要があることを示唆しています。

反対に、全体運の強烈な運気上昇によって、すぐ先に大きな幸運が訪れることを伝えていて、その期待度が高まっていることを繰り返すことで表していることがあります。