夢占い

幽霊の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】幽霊は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて「幽霊の夢」は、警告夢と特定のメッセージを伝える伝達夢が多くなります。基本的な意味は【出会い・何者かの精神・動揺】です。

夢の印象によって意味は変わりますが、この先に起こる期待すべき出来事や、知らない自分との出会いを示唆していることが多くです。

予想外の人物との出会いを暗示していることもあり、最近そのようなことがあったか、もしくは少し先に驚くような出会いが待っていることを表しています。

自身の動揺が夢に出ている場合もあり、潜在意識的に「嫌な予感」を感じていることの表れであることもあります。

他には、身近な人間、もしくは「この世の者ではないけど、知っている誰か」の精神が夢に映し出されている可能性があります。

幽霊の夢を見る心理的な背景とは?

動揺する心理を筆頭に、なにかに焦っていたり恐怖心があったりや、どこか不安があるなどの気持ちの表れとして、夢を見ていることがあります。

「知らない自分に出会いたい」のような、環境を一新することや、未だ気づいていない自身の才能に関心があるような「新世界への憧れ」を表わしています。

ファンタジー世界に魅入られている時期にも見る傾向があって、単に、本や映画やゲームなどの影響で見ている場合もあります。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返して同じ内容を見た場合は、体の調子の違和感を伝えられている可能性があります。思い当たるとこがあれば、早めにケアすることで事なきを得ることができるはずです。

世間にたいして発信したいメッセージを秘めていたり、自分の可能性に気づいて認められたい感情の高まりを夢が伝えていることを暗示しています。

他にも、夢を見ている人に「気づいてほしい」と、他者や亡き人や、以前飼っていたペットがメッセージを発している可能性があります。

この場合は、幽霊が何かを語っていればその内容を、そうでなければ表情や雰囲気、あるいは仕草などからメッセージを読み取ることが可能です。

大切なメッセージである可能性が高いので、夢をしっかり思い出せれば良い運気を呼び込むことができるはずです。