夢占い

落ちる夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】落ちる夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

落ちる夢は、誰もがよく見る夢のひとつと言われています。心が不安定になってる時に頻繁に夢に出てくるので、ちょっとした不安になる出来事があっても見やすいでしょう。または未来起きることに対して、はっきりしない不安を抱いている場合にも夢に出てきます。
落ちる夢はどちらかといえば凶夢です。ただ何かが悪いことが起こるというわけではなく、心理的に不安が大きくなっていたり、評価が下がるのではないかと「自分自身の想像の中で心配している状態」です。
毎日強いプレッシャーの中で過ごしていたり、ハードルの高い目標へ向かって進んでいる時に、見やすい夢です。特定の人からの評価を待っている状況で、不安が大きくなっている場合もあります。

落ちる夢を見る心理的な背景とは?

心の底で不安を隠している場合や、不安を抱えていることに自分自身で気づいていない時などにも落ちる夢を見ます。心配する必要のない取り越し苦労の時もあるでしょう。落ちる夢はそのような精神状態が不安定になっているという無意識からの警告夢でもあります。
そのため起きるかどうかも分からないことに対して、強い不安(杞憂)を抱いている時にも見やすいです。もしくは現実で状況が悪化していることを察知しているとそれが夢になって現れます。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

落ちる夢を繰り返し見るのは、特別珍しいことではありません。元々がとても慎重な性格をしていたり、心配性な一面が強く出ている時期には繰り返しよく見ます。
現実に状況の悪化が続いている時に見ることもありますが、それは状況が悪化していることを察知できている証拠です。状況を察知できているという点では、警告夢でもあり吉夢にもなるでしょう。具体的な状況悪化の防止策を考えることで、不安を解消する方法が見つかります。