夢占い

怖い夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】怖い夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて「怖い夢」は警告夢が多くなります。基本的な意味は【親しい人間とのトラブル・自意識過剰・疲れた体】です。

この夢は、同じような怖いことが現実に起きるような正夢や予知夢の類では無いことがいえます。

家族や恋人などの、親しい人間とのトラブルに不安があることを意味していますが、大きな問題には発展しづらい暗示が出ています。

怖い夢には「自意識過剰になっている」という警告のメッセージが含まれている場合があります。つまり、多少のことは気にしなくて大丈夫だという暗示でもあるのです。

他にも、怖い夢をみるのは「眠りが浅い・体調が悪い・寝苦しい」と感じていると「怖い夢」として表れることも多く、怖い話しを聞いた後なども同じく見やすくなります。

怖い夢を見る心理的な背景とは?

学校や会社で溜めた疲れや、コミュニケーションをとるうえでメンタル的に疲れていると怖い夢を見ます。

他にも、何か秘密をもっていて相手に言いづらい思いをしているときは怖い夢を見やすい状態です。秘密がないのに夢を見た場合は、秘密を持つような状況がこの先訪れることを伝えていてことがあります。

さらには、日常において何かに怯えていたり、自分自身の不甲斐なさを責めるようなネガティブな感情があるときに怖い夢を見ることが多くなります。

視野が狭くなっている暗示がありますので、このタイミングで気分転換をはかると良いでしょう。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返し見るのは、いくつもの警告メッセージが重なっている可能性と、放置している問題が大きくなっていることが伝えられています。

自分の弱点や出来ないことに憤りを感じていたり、他人に対して引け目を感じるような気持ちがあることを暗示しています。

そして、その感情や心理が「自意識過剰」であることを、自分の潜在的な意識が何度も夢を通して伝えようとしています。

過ぎた思い込みが、このままでは人生において運気をつかむ妨げになるので修復する必要があると、夢で訴えているのです。

警告夢ですが裏を返すと、吉を引き寄せる為の前準備を知らせてくれているという意味ですので、頑固になっていた自分に気づく為の時間をとることが有効となります。