夢占い

虫の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】虫の夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて虫の夢は、吉夢と警告夢それぞれを表します。基本的な意味は【人間関係のトラブル・不愉快なこと・幸運・休息の要請】です。

虫というのは、多くの人に忌み嫌われている傾向が強く「小さくて煩わしく理解不能な存在」とイメージされることが多いです。

本来は些細なはずのコンプレックスを気にしていたり、日常で不愉快さや抵抗を感じるような不満がある場合に虫が夢に出てきます。

煩(わずら)わしいお節介な人物や、生理的に受け付けないような嫌いな相手との「人間関係のトラブル」を暗示して警告している場合もあります。

多くの場合は、実生活において心身のエネルギー不足を表す夢とされており、「そろそろ休息をとりなさい」というメッセージです。

虫の夢を見る心理的な背景とは?

夢を見た人が心理的に疲れていて、疲れから解放されたいと深層心理で訴えるような時期に虫の夢を見る事がほとんどです。

生理的に受け付けられないような苦手な虫が出てきた場合は、より限界が近い事を伝えているので、思い切って休息をとる必要性は高いと言えます。

1つだけなら些細な問題事も、重なるごとに煩わしさがましていきます。そのような心理状態でも虫の夢を見ることになります。

虫の夢を見たら、小さな問題だと無視していた問題も見直す必要が出てきます。無意識下で疲れの原因になっていて虫の夢として表れているからです。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

何度も同じ「虫の夢」を見る場合は、心身が限界に近づいている表れで「休息をとるべき」という警告が強まっている証になります。

積り積もった小さな問題で心が溢れそうになっていると精神的な披露から、同じ「虫の夢」を何度も見るようになります。

「身勝手な人物の言動」などに対して、「いつものことだから」と許容してしまっているような場合も、知らずに疲れが溜まっていることが多いです。

何度も虫の夢を見ている場合は、「いつものこと」と軽く流さずに、限界が来て関係を壊してしまう前に修繕する必要があるかもしれません。

幸運を暗示する虫の夢であれば、繰り返し見ることは運気の高まりを表しているので非常に良い状態と言えます。