夢占い

水の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】水の夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて、水の夢は吉夢と凶夢をもつ混合夢です。水が表す意味は非常に多岐に渡りますが、基本的には【生命力・金運・再生・メンタル面】を表します。

人間にとっては欠かすことのできない水が生命力を表すことは理解しやすいです。

同様に、社会生活を送る上で「欠かすことのできない」金運も、水の夢が表す重要な要素になります。

水は、生命の始まりに関わりが強いことから「再生」を意味し、幸運の予兆を暗示する場合があります。

雨が降って川になり、川が海へ流れて蒸発して雲になります。そして、雲から雨や雪になって再び地上に降り注ぎます。

このように、水というのは周囲の環境に影響され変化し続けるものです。その様子から、夢占いでは水の夢は「メンタル面を写す鏡」とも言われています。

水の夢を見る心理的な背景とは?

夢で見た水が、澄んだ透明の綺麗な水であればピュアな心理状態の表れです。綺麗な水の夢を見たら、マインドの現状維持に務めると良いでしょう。

夢の中の水が、濁りのある汚れた水であれば、淀んだ心理状態が表れています。

人に言えない秘密があることで息苦しさを感じていたり、長く続く問題にまだ答えを見いだせず苦悩していると汚れた水の夢を見ます。

乾きを癒やす象徴として水があるように、何か強い心理的な欲求がある場合に水の夢として表れるのです。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

何度も同じ「水の夢」を見る場合は、暗示される意味が強まっていることを表しています。

夢占いでの水の夢は、そのシチュエーションや夢を見た人の感じた印象などで、それぞれに吉夢から凶夢まで多くの意味を表しています。

何度も同じ夢を見る場合に、見た夢が吉兆を表す夢ならば、よりその幸運が目前に迫っていることを夢が伝えているのです。

例えば、メンタル面の悪化を伝える夢であれば、同じ夢を見るということは警告のサインですので、早急に心の休養をとる必要があります。