夢占い

なくす夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】なくす夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

なくす夢が意味するシンボルは希望です。大切なものがなくなってしまう夢は一見凶夢のようにも感じますが、夢占いには逆夢というものがあります。現実でも「何かを得る為には何かを失わなければならない」という言葉はよく耳にしますよね。この夢も同様です。この夢の場合のなくすことは、新たに得ることを意味しているのです。

そのため、今あなたが希望を持っていることがあれば、それが叶う予兆でもあります。また、好機到来の暗示とも言える夢なので、新しいことを始めるには今がチャンスです。

ただし、なくす夢のなかには不安や怖れを暗示しているものもあります。その場合は、現実で気がかりなことがあるのでしょう。気がかりとなっていることの原因を見つけ、できる限り早く解決するようにしましょう。

なくす夢を見る心理的な背景とは?

なくす夢は、自分探しをしている人が見ることが多いです。「自分の人生はこのままでいいのか」「自分が本当にやりたいことは何か」そういったことを模索中の人です。理想の自分はどんな姿なのか、そしてその姿に近づく為には何を捨てるべきなのか、あなた自身もう既に答えが出ているのかもしれません。

一方、現実で何かを失うことを酷く恐れている人も、なくす夢をよく見ます。例えば愛情や地位など、目に見えないものに対してです。それらに強く執着する心理が、なくす夢を見せているのです。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

なくす夢を何度も見るということは、夢が絶好の好機が巡ってきていることを知らせてくれているのだと考えられます。あなたが抱いている希望や夢を形にするチャンスですので、ぜひこの機会を逃さないようにしてください。夢の中で毎回同じ物をなくすのであれば、そのなくした物に幸運のヒントが隠されている可能性があります。

ただし、この夢を見たからといって何もしなければ現実は何も変わりません。希望を現実化するにはあなたがアクションを起こすことが大切になります。