夢占い

殴る夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】殴る夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

殴る夢は、シチュエーションによって吉夢にもなり凶夢にもなります。ここでは、殴る夢を見た場合の基本的な意味について解説します。

殴る夢は基本的に、人間関係の悪化を暗示しているといいます。実際に感情的になっていて冷静さに欠けている状態なことが多いです。それにより普段の生活でも、過激な発言が多くなりがちです。

周囲に対しての言動を見返してみましょう。最近、自分の発言がきっかけで、人間関係がうまくいっていないということはありませんか?感情的にならず、深呼吸をして落ち着いた言動を心掛けると良いでしょう。

殴るという行為は、殴った自分も痛みを味わいます。不満や怒りをため込むことは、自分にとっても良くないことを示しています。

殴る夢を見る心理的な背景とは?

殴る夢を見る人は、現実に何かしらの不満や怒りを抱えている人が多いといいます。人間関係の問題に限らず、自分に対しての不満、仕事への不満や焦り、物事に対しての怒りなどさまざまです。

ただし、殴る夢は、単純に悪い夢というわけではありません。抑え込んでいた感情を夢の中で吐き出すことで「人間関係を良くしていきたい」「今の状況を変えたい」という、前向きな気持ちがある時にも見ることがあります。

自分が今、何に対して不満や怒りを抱えているのかを、ゆっくり考えてみると良いでしょう。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

殴る夢を何度も見てしまう場合、何か自分は恐ろしい感情を抱えすぎているのではないかと不安になるかもしれません。悪い夢のようで実は「今の状況を変えたい」という前向きな強い意志の表れであることも多いのです。

不満や怒りをため込んでしまう人は、きっと普段から言いたいことを我慢してしまう人なのでしょう。冷静さは保ちつつ、たまには自分の気持ちを素直に伝えてみましょう。コミュニケーションが上手になり、自分自身の成長にもつながっていくと夢は伝えています。