夢占い

墜落の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】墜落は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

墜落する夢では今後搭乗した飛行機が墜落し、予知夢になってしまうのではないかと不安になってしまいやすいです。
しかし墜落する夢が実際に予知夢であることはほとんどあり得ません。
墜落する夢は不運の象徴と呼ばれ、計画が滞りトラブルが発生してしまうことを暗示しています。
また、計画が滞りトラブルが発生することへの「不安」や「恐怖心」、「やきもきした気持ち」が墜落という形になっている可能性もあり、気力が低下していることを表しています。
不運の象徴ですから、肉体的にも精神的にも今の生活に対して疲れを抱いているため、現状を突破したい気持ちが表れているのでしょう。
このように墜落する夢には、「トラブルの発生」を暗示していることからも、否定的な夢だと感じてしまいますいです。
しかし、トラブルが発生してしまった後の対処方法を考えることが出来るなど、良くない未来を良い未来へと変えていく機会となります。

墜落の夢を見る心理的な背景とは?

墜落する夢を見る場合、漠然とした将来への恐怖や不安と言うようなものではなく、具体的な事柄に対して恐怖や不安、やきもきした気持ちを抱えています。
仕事での重大な任務を控えていたり、大事な試験の前であったり、あるいは人間関係で悩ましいことがある場合です。
さらに、現状に不満があり「再生」を望んでいる場合にも墜落する夢は見られます。
未来をより良い方向に導くために、トラブルを回避したいと思索している最中ですので、新たに計画を立てて実行すると良いでしょう。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

恐怖や不安、やきもきした気持ちを抱えているため、何度も墜落した夢を見ることによって最悪の状況を体験している最中です。
これにより実際にトラブルが発生した場合の衝撃を和らげようとしています。
トラブルが発生する状況が近づいていたり、ショッキングな出来事が起こると考えられます。
そのため、繰り返し墜落する夢はトラブルが間近に迫っており、心の休息を求めている状態だと言えます。
冷静に自分自身や計画を見直したい場合に見ることが多いです。