誕生日占い

割れる夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】割れる夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて割れる夢は【変化の兆し】を表しています。

割れる夢の基本的な意味としては、運気の低下や、何かを失うなどを伝える凶夢であり、関係の決裂を意味することも多いです。

一般的に、「割れる」でイメージされるのは、元あるものが崩れたり、壊れたり、分裂する状態です。

夢占いにおいても、例えば、離婚や別居などの元々一つであったはずの関係が分離する暗示として、元ある形がバラバラになる状態を表します。

しかし、夢の中で「割れたもの」が何なのかによっては、社会的成功や幸運を意味する大吉夢もあります。

夢の中で「割れたものが何なのか、どのように割れたのか、どのような感情を抱いたか」で、それぞれの夢が意味することや、発されている警告や吉兆が分かります。

割れる夢を見る心理的な背景とは?

割れる夢は、予兆を表す夢ですので現在の心理的な背景は、ほとんど関係無いと言えます。

しかし、近い未来に起きる「突然にも思える出来事」も、元を辿れば今に繋がっている事は往々にしてあります。

割れる夢が伝える意味には、人間関係が変化する前兆の表れの場合も多いですが、この機に、人間関係を一度見つめ直してみると良いでしょう。

夢の中のどこかに、解決の糸口が潜んでいることも多々ありますので、冷静に夢の情景を思い出してみると分かることがあるかもしれません。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

何度も同じ「割れる夢」を見る場合は、予兆されている出来事が間近に迫っていることを伝えています。
同じ夢を見せるのは、警告に気づいて欲しいという夢からのメッセージであることが多く、それに気づく必要があります。

割れる夢のシチュエーションによって意味は変わりますが、夢の中で怯えていたような場合は、現実に恐れている問題をかかえているケースがあります。

その場合は、精神的なケアを大事にしなさいというメッセージも込められているので、何度も同じ「割れる夢」を見たら心の休養を意識する必要があります。