夢占い

銃の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】銃は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

銃の夢の基本的に【闘争心】を意味していて、警告を伝える夢であると同時に、のちに改善可能であることを示す吉兆の表れです。

まず、夢占いで銃は男性を象徴しているとされますので、本人の性別によって伝えるメッセージが変わります。

男性が夢を見た場合は、自身の力を周囲に示すための闘争心の表れで、自己顕示欲と支配欲の高まりを暗示しています。

なお、闘争心はルールや規則に対しての抵抗感から派生していて、自分の個性を無視されることを恐れていたり見て欲しい気持ちの表れです。

一方で、女性が見た場合はおもに男性が発する闘争心や荒々しい言動にプレッシャーを受けている暗示があります。

そして、男女共通しているのは夢の中で銃を発射する(される)ことで、いまある抵抗感やプレッシャーが解消される兆しです。

銃の夢を見る心理的な背景とは?

まず、日常の対人関係で相手の気持ちが読めずに「いつ攻撃されるか分からない」と警戒して怯えている心の表れです。

なお、攻撃というのは自身の弱点やコンプレックス部分を指摘されることや、気分を害すること全般を指しています。

男性なら、周囲にぞんざいに扱われることへの恐れた気持ちがあったり、大人になりきれない未熟な心を暗示しています。

そして、身内などの身近な存在から世間一般に対して認められたいという焦りの感情も映し出されていてます。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

くりかえし何度も同じ内容を見るのは、おもに異性からの荒々しいプレッシャーを受けている心に恐れと疲れがある暗示です。

それは、気分屋な恋人に振り回されている状態であったり、興味のない異性に執拗に誘われて強く抵抗を感じているなどの状況を指します。

そして、くりかえし夢を見るのは心の疲れが解消しきれず限界をむかえつつあることを警告して伝えられています。

まずは、悩みや問題で頭がいっぱいになっている表れですので、今の環境から少し離れて小旅行をするなどして気分転換をすることで運気が改善される暗示があります。