夢占い

好きだった人の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】好きだった人は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

好きだった人を夢で見たら警告夢であると同時に吉兆があることを示しています。意味は【前進】を表し、前に進むためのメッセージが伝えられています。

まず、前進を意味する夢を見たのは「過去にとらわれた自身を救うため」に潜在意識が夢を見せているということです。

とらわれている過去とは「美しすぎた恋愛」が未消化であることを指していて、別れの理由がハッキリしないまま終わった初恋などを示します。

例えば、別れの理由が「嫌いになったわけではない」や「お互いのために」などがそれに当てはまり、綺麗な想い出だけ残された状態です。

さらに、多感な時期に描いた恋心は記憶にとどまりやすい傾向にあるので、多くの人が好きだった人の夢を見るのです。

好きだった人の夢を見る心理的な背景とは?

まず、新たな恋愛に向き合ためには、過去と決別して前進しなければならないことを心の奥で気づいている暗示があります。

そして、感情の一区切りをして前進することで恋愛運に始まる全体的な運気が上向きになっていくことが示されています。

ここで真正面から、新たな恋愛に飛び込むよりは恋愛以外に夢中になれる趣味や目標をもつことが有効である暗示です。

その過程に現れる人こそ運命の人である可能性が高いことを示唆していて、無理に美しい過去を消し去る必要がないことを表します。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返して何度も同じ内容を見るのは、愛情不足を日々感じていて誰かに優しくされたい、愛されたいという願望が高まっている表れになります。

なお、対象は夢に出た人物ではなくて、欲する愛は恋愛感情だけではなく家族愛や友情を含めた愛を指しています。

しかし、優しくされない原因が自分自身にある可能性があることが示唆されていて、改善する必要があることを夢が伝えています。

まず、完璧な自分ではなく素直に周囲に接していくことと、コンプレックスや弱点だと自分で認識しているものでも少しずつ表現していくことで対人運が上昇する暗示があります。