夢占い

汚い夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】汚い夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いで汚い夢は凶夢や警告夢が多いですが、メッセージを受け取り改善することで好転させることが可能である場合が多いです。

そして、基本的な意味は【選択】です。選択は「現在」で迷っていることを指していますが、迷いの原因が「過去」のものであることを示唆しています。

例えば、夢の汚いものや状況は自身の後悔していることやトラウマであったり、過去についた嘘を表しているのです。

そのような過去を理由に、いま現在の選択に迷いがしょうじて決めかねている状態を暗示されています。

そこで、潜在意識が夢を見せることで心の断捨離の必要性、つまり「気持ちに整理をつけなさい」というメッセージを伝えています。

加えて、選択肢や迷っている原因ひとつひとつに目をむけることで、着実に心の乱れを解消していけることを示唆しています。

汚い夢を見る心理的な背景とは?

まず、忙しく日常に追われていたり、自分に時間をつかう暇がなく「外の顔」やでいる期間が続くことで汚い夢を見ることがあります。

それは、臨機応変に状況や相手にたいして上手く合わせているつもりでも、それが続いたことで自身を見失っていることを夢に警告されているのです。

そこで必要なのは、「何もしない時間」や静かな空間で心を落ち着かせて状況を整理しなおす時間であることを示唆しています。

なお、他人の求めに応じた外面は過去の自分のキャラクターであることが暗示されていて、今の自分を表現できていないことを示唆しています。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返して何度も同じ内容を見る場合は、迷いが重なることでヤケを起こすほどに心が悲鳴をあげている状態を暗示しています。

なお、くりかえし見せるのは問題を解消するためのメッセージを潜在意識が伝えてくれている証でもあります。

例えば、重なった迷いは過去といまの自分との葛藤であることを示唆していて、それらを消去法で断捨離していくことが重要であることを示唆しています。

過去を克服することで、現在の悩みを解消できて運気が好転していくことを暗示しています。