夢占い

子猫の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】子猫は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いで子猫は吉や凶夢と警告メッセージなど様々な混合夢です。

基本的な意味は【愛情の移り変わり】を表していて、自身あるいは対人関係についての暗示を伝えるものです。

まず、子猫といえば警戒もせずに興味の対象に上手になつく姿から【愛情の移り変わり】を暗示するとされています。

それは自身が対人関係、とくに新しい恋愛関係を築くことに困ることは少なく、異性を惹き寄せる魅力がありモテる状態を示しています。

ところが、単独行動が苦手な面があって、恋人相手に少しでも「一人にされた」と感じると耐えきれずに新たな対象に目が行きやすい暗示があります。

そこから浮気に発展しやすく、対人関係のトラブルにも巻き込まれやすいことを警告するメッセージが含まれています。

子猫の夢を見る心理的な背景とは?

まず、子猫の夢をみたら現実世界で大人として責任をかかえることに疲れていて、心に癒やしを求めている表れです。

そして、対人関係に怯えを感じていたり、意思が弱まり判断力が鈍っているので自身でものごとを決断することが難しい状態にいることを示唆しています。

それでも、多くの人に見守られている暗示があって、頼れると感じる人物に救いを求めて相談してみたり気分転換することで心の疲れはすぐに解消される表れです。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返して何度も同じ内容を見る場合は、母性、あるいは父性が相当に高まっていることを暗示しています。

まず1つめに、子供が欲しいと強く願っている場合がありますが、家庭をもちたいや親になりたいというよりも、「可愛いから欲しい」というような心を表しています。

2つめは恋愛関係において、年下や純粋さが魅力の対象に強く恋心をいだいている状態を示唆しています。

この場合は、少し冷静になる必要があるという警告メッセージがあって、相手に振り回された後に捨てられてしまう可能性を示唆しています。