夢占い

不倫の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】不倫は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いで「不倫」は、凶の要素を表すものが多いですが、同時に吉夢の部分も併せ持っていることも多いという特徴があります。

また、基本的な意味として【人間関係】を表していて、特に恋人やパートナーについての内容を指します。

そして、現在の対人面に不安をかかえている暗示がでていて、恋人やパートナーにたいしてわだかまりを感じているような状況を示唆しています。

加えて、いまの関係を改善したい気持ちがあると同時に、新たな人間関係を求めてモヤモヤした気分を解消してしまいたい願望が潜んでいる暗示です。

だからといって新たな恋愛相手を求めている気持ちではなくて、性別関係なく新たな交流を求めている状態であるといえます。

不倫の夢を見る心理的な背景とは?

ネガティブな状況を伝えることの多い不倫の夢ですが、「心理」にスポットをあてるとポジティブなものであることが多いです。

まず、現状に不満があるという前提はありますが、自分自身が良い方向に変化したいという成長欲であったり、既成概念を打破して自由を掴みたいという前向きな気持ちが表れています。

さらに、クリエイティブな刺激にたいして貪欲になっている暗示もあって、関連する仕事や趣味において才能を発揮するような時期であることを伝えています。

だからといって、現在がすべて順調ではなく人間関係に悩みがあることを示唆していますので吉であり凶でもあるというような複雑な運気の中にいる暗示です。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

繰り返して何度も同じ内容を見る場合は、恋人やパートナーに対して「何を考えているのか分からない」と感じているような心の距離が大きく開いてきていることへの警告です。

本心では関係の改善を望む一方で、噛み合わない価値観のズレが徐々に大きくなり今にいたっていることが表れています。

加えて、心に蓄積した疲れがピークに近づいている表れでもあって「発散したい」という気持ちが非常に高まっていることを夢が伝えています。

このとき、視野が狭くなり状況を客観的に捉えることが難しくなっている表れがありますので、第三者に相談することが特に効果的になる時期といえます。

あるいは、気分転換をする為に仕事や今までの趣味とは全く違ったものに手を出してみることで良い運気を取り込むことができる暗示があります。