夢占い

歌の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】歌は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいての歌は【エネルギーの変化】という基本的な意味をもち、吉夢が多い特徴がありますが内容によっては警告や凶夢など様々です。

まず、歌声のヴォリュームの大小や、楽しそうだったり悲しそうな歌い方かによって現在の自身の調子をはかることが可能です。

具体的には、声が大きいなら自信の表れであったり、反対に弱々しく小さいなら自信を失っている状態を示唆しています。

そして、楽しそうであれば実生活が充実していることを意味していて、逆に悲しそうなら誰かに救いを求めるような落ち込んだ気持ちの表れです。

このように、潜在意識が歌という形でわかりやすく現在の自身のエネルギーの変化を表現していると言ってもよいでしょう。

歌の夢を見る心理的な背景とは?

まず「人前で歌うこと」は多くの日本人にとって一定の勇気が必要な行動という認識があります。

そこから、歌の夢は挑戦している心理の表れとして解釈されるので、どのような歌い方をしていても現在なにかに向き合い挑んでいることを暗示しています。

そして、ほとんどの場合は対人関係において、自分の本音や、以前から伝えたかったことを相手に思い切って伝えるような勇気の表れです。

くわえて、本人の意思とは無関係に人前で発表させられるような状況を示唆していることもあって、スピーチやリーダー的な役回りなどを与えられた直後で夢を見る可能性もあります。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

くりかえし同じ内容をなんども見る場合は、自分の人生においての「大切な告白」をしたいという欲求が高まっている表れです。

それは、結婚するためプロポーズをすることや、長く想い続けた片思いの相手に告白をするなど恋愛に関わる大切な告白である可能性が高いです。

そして、歌の内容や曲調がおだやかなどポジティブな印象であったなら、エネルギーの高まりと幸福感をすでに現在味わっていることを伝えています。

しかし、雰囲気のあるバラードや激しいノリの曲だった場合は、自意識過剰に注意が必要という警告メッセージですので冷静になることが肝要となります。