夢占い

吐く夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】吐く夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて吐く夢は吉兆を表していて、基本的な意味は、悪いほうへいかないようにするための【予防】です。

まず、本来は自身が望んでいない状況が現在あって、嫌気が差すような気分を溜め込んでいる状況を暗示しています。

それは、誰かに嫌がらせを受けて我慢していたり、仕事上の付き合いだからと相手のペースに合わせすぎてモヤモヤしているような状態を指します。

つまり対人関係の悩みが原因である可能性が極めて高いことを示唆していて、夢の中で吐くことで全てを出し切ってリセットしようとしている表れです。

だからといって、夢を見たから全て解決とはいきません。潜在意識が「それだけ心身に疲れがあるので気をつけなさい」と伝えていますので状況の悪化を事前に予防する必要があるといえます。

吐く夢を見る心理的な背景とは?

例えば、生理的に受け付けないような相手と付き合いを避けられないことで、気分の悪さをかかえていることから夢で吐くことがあります。

その場合はできるなら対象と距離をとるべきですが、それが難しい状況であれば、自由にできる時間に新たな気分転換の方法をとるべきだと言えます。

夢で吐くというのは、そのままでは体に負担がかかってしまうことを示唆していますので、気分転換と同時に体を休めることができるリフレッシュ法を試すと良いでしょう。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

くりかえして何度も同じ内容をみる場合は、心身の疲れがピークに近いことを警告しているメッセージです。

本来であれば、一度吐く夢をみることで一定の心の疲れをやわらげる効果を期待できますが、何度もみているなら現状の改善を優先すべきといえます。

具体的には、いまの状況を整理する時間をつくって、自分は今「何のために」そこまで苦しんでいるかや、「そのための手段は別にないか」を熟考することが問題解消に繋がることを示唆しています。