夢占い

いじめの夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】いじめは吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

いじめの夢は、出てきた相手との関係の見直しについてのメッセージですが、その中でも【関係が深まる】という意味が基本になります。

つまり吉凶のどちらかを表すものというよりは、現在、もしくはこれから変化しうる対象との関係性を伝えています。

まず、夢に出てきた対象のことを少なからず気にしていることが表れていて、これから相手との関係が深まることを予兆しています。

なお、ネガティブな方向に関係が変化する表れの可能性もあって、その場合も関係の見直しをすることでトラブルを回避することができる暗示です。

ただし、これらはいじめにトラウマをもつ人の場合は当てはまらず、忘れられない記憶が影響して夢を見せている暗示になります。

いじめの夢を見る心理的な背景とは?

いまの対人面に不安があるときに「いじめ」という形で夢に表れます。多くは、慣れていないコミュニティにおいて自身を出せずに気を使っている可能性を示唆しています。

例えば「自分だけ場違いではないか」や「みんなは仲良くやっているようにみえる」などの心理が当てはまりますが、この場合取り越し苦労であることが暗示されています。

そして、夢を見た後に関係性が変化することを示唆していますので、いま状況に不満があるとしても多くは今後関係が深まるという暗示です。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

くりかえして何度も同じ内容をみる場合は、人間関係での疲れが溜まってきている表れで、夢の内容がひどいほどに疲れを強調しています。

あるいは、対象の人物を過剰に気にしていることを警告していて、そこから周囲への意識が散漫になっていることを示唆しています。

ここで、メッセージをしっかりと受け取って冷静になることで対人運の上昇にくわえて、夢の対象との関係が深まることを暗示しています。

さいごに、繰り返し見るのは「相手との付き合い方を見直しなさい」という意味を含む傾向にありますので、あらためて関係の見直しをするのに相応しいタイミングといえるでしょう。