夢占い

食べる夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】食べる夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

食べる夢は「パワーの獲得」を意味しています。食べ物に関わらず何かを吸収したいと強く願っている時に見る夢になるでしょう。食べるのは体内に栄養を取り込む行動になりますが、知識欲・金銭欲・名誉欲なども含まれます。
単純にお腹が空いていて食べ物を食べたいと思っている時にも見る夢ではありますが、実際にはもっと別の欲求が隠れていることが多いでしょう。知識を吸収したい・スキルを吸収したいなどの欲求も同様です。そのため吉夢にも凶夢にもなります。
現在の自分に必要なこと・欲しているものを急速に吸収して、エネルギーを補給しようとしています。力を獲得して外の世界を自在にコントロールしたいという願望が隠れている事もあります。

食べる夢を見る心理的な背景とは?

食べる夢を見る要因としては、現実に満足を感じておらずもっとレベルの高い良い状態を望んでいるからということになります。今よりもレベルが高い状態を望んでいるからといって、ぼんやりと望んでいるだけなのではなく積極的に行動を起こそうとしています。
または食事を制限している時に食べる夢を見ているのであれば、注意が必要かもしれません。必要な栄養を要求している無意識からのメッセージの可能性がありますので、日常生活をブラッシュアップしてみるのをおすすめします。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

食べる夢を繰り返し見るのは、元々エネルギッシュで貪欲な性格をしている場合があるでしょう。エネルギッシュなタイプの性格であれば社交的で明るいので、常に新しいことを吸収して自分の身になっているはずです。
毎日がとても忙しく、エネルギーの消耗が激しい時期にも見る夢でしょう。心が傷ついていたり疲れていたりする場合には、趣味やほっとできる時間を作って、心にエネルギーをチャージすることを心がけましょう。