夢占い

仕事の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】仕事は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

仕事の夢は「気力が溢れる」意味しています。やる気がアップしていて、仕事やプライベートに関わらず積極的に取り組んで行こうと思っています。働きたいという気持ちが強い時に見る夢になるでしょう。
きびきびと精力的に仕事に取り組んでいる夢であれば、吉夢になります。強いプレッシャーで毎日精神的な苦痛を抱えていたりすると、辛い気持ちが警告夢となって現れます。
仕事をしようと思っていても、働きすぎていて疲れている時などにも仕事の夢を見ます。仕事をしなければいけない・働きたいという気持ちが強いことには変わりないのですが、働きすぎて疲れていないかは自己チェックした方が良いでしょう。

仕事の夢を見る心理的な背景とは?

活動的に働きたいという気持ちが強いので、思いがけない責任のある仕事を任されたり昇進のチャンスの兆しでもあります。昇進などはなくても給与が上がったりと、仕事面でのレベルアップがあります。
注意した方がいい点があるとすれば無理のしすぎになるでしょう。頼られていたり、やりがいのある仕事をするのは、多少無理をしても続けたくなるかもしれません。しかし精力的でいるためにも心身の疲れはリフレッシュしておきましょう。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

仕事をしている夢を繰り返し見るのは、働きすぎで少し疲れている意味があります。疲れていることに気づいていなくても、無意識から警告夢としてメッセージが出されています。こまめにちょっとしたリフレッシュを心がけると良いかも知れません。
また仕事の夢を繰り返し見るのは、夢の中で働くくらい仕事に意欲と関心がある証拠です。疲れを溜めないように適度に休みを取り入れることで、より楽しく精力的に仕事に取り組めるでしょう。