夢占い

昔の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】昔の夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢は毎日起きている出来事を、過去の経験とすり合わせながら記憶する、脳の動きと言われています。そのため昔の思い出が出てくる夢は、記憶の整理をしていることがほとんどでしょう。強く印象に残っている夢であれば「過去の繰り返し」を意味しています。
強い印象が残る昔の夢は、吉夢にも凶夢にもなります。現在が苦しい毎日だったり悲しい気持ち青抱えていると、幸せだった頃の昔の夢を見ることがあるでしょう。現実と折り合いをつけようとしているか、または現実逃避の願望があります。
しかし普段から人がよく見る夢としては、未来の夢よりも昔(過去)の夢の方が多いものです。とりとめのない夢ではなくて、強い印象が残っているかどうかが、昔の夢を見た時のポイントになるでしょう。

昔の夢を見る心理的な背景とは?

昔の出来事が夢に出てきた場合には、 楽しかった思い出を夢の中で再生していることになります。辛い毎日を過ごしている場合に見やすい夢ではありますが、昔の夢だったからといって、それだけで現実逃避をしているとは限りません。
昔の楽しかった頃の経験を夢の中で再生することで、幸せな気持ちを忘れないようにしているとも言えます。夢の中で過去の経験と現実に折り合いをつけ、ポジティブな気持ちになろうとする願望が隠れているという意味も含まれています。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

昔の夢を繰り返し見る場合には、長い間強く望んでいることがあるからです。過去に経験した出来事の中に、現実の問題を解決するヒントや、夢を叶えるための答えが隠されているでしょう。
楽しかった時期の幸せな気持ちを現実にすべく、昔の出来事を夢の中で繰り返し、現実を変えるヒントを見つけています。辛い現実に流されることなく、幸せで楽しい毎日を過ごすべきという無意識からのメッセージでもあります。