夢占い

竜巻の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】竜巻の夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

突発的に起こる竜巻は自然災害の中でも予測不可能で被害も相当大きくなるケースが多く、夢で見たときもそのままトラブルにいきなり巻き込まれる暗示があり、凶夢となります。。寝耳に水とはまさにこのことです。
竜巻に巻き込まれるのは自分自身に降りかかる災難の警告と捉えて良いでしょう。
また竜巻を見ているのは周りでトラブルが発生するということ、近ければ身近で、遠ければあまり影響を受けない間柄といえます。
予測の難しいトラブルを未然に防ぐのは至難の業ですから、普段から最低限気をつけるべきことを念頭に行動しましょう。心構えが有ると無いとでは、ダメージの受け方も変わります。
人生の中で数少ない試練の時ととらえ、事後どうすれば良いか積極的に考える機会です。例外として竜巻の後に火事になる夢を見たら、吉夢となります。災い転じて福となす、言葉通り強運となります。
特に自宅が全焼する夢は、成功、財運良しとされています。

竜巻の夢を見る心理的な背景とは?

予測できないトラブルの夢ですが、実は勘の鋭い人には感じ取れることがあります。虫の知らせといわれている一種の勘です。常に細やかに目を配り、周りとの調和を意識していると、ほんの少しの出来事にも気づくようになります。
そのような人には予知夢として見られることがあるでしょう。またあまり自分には影響を及ぼさない程度の距離があるトラブルを体験して夢に出てくることもありますが、この場合は、気にしなくて大丈夫です。
心優しい人によく当てはまるケースです。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

人生の試練がそう何度も訪れることはあまり無いでしょうから、竜巻の夢を何度も見るケースは珍しいといえます。度重なるトラブルに遭遇する、人生の基盤を根底から覆す出来事が起こるかも知れません。
その場合は、新たなるスタートを切る、ゼロから刷新するという吉夢になります。行き詰まって解決の糸口が見つからないときに繰り返しこの夢を見るようなら、トンネルの出口が近いといえます。
また遠くに竜巻を何度も眺めるようなら、直接関係が無くても、とても気にかけている現れです。周りのことを自分のように気にかけて心配する人は、優し過ぎて見ぬふりが出来ないのですね。