夢占い

温泉の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】温泉の夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

温泉の夢を見たら、気持ちの良い安らぎを感じることが多く、物事が良い方向へ向かう吉夢になります。入浴する夢は、さっぱりしたい願望があり、手足を洗うと問題が解決するといわれています。
なかでも温泉に入るというロケーションが加わる夢は、日々の生活の中、プレッシャーからの開放感を意味します。更にお湯の温度が適温であれば言うことなし、透明であれば運気も上がるでしょう。
この夢を見た後に気持ちが良ければ、もし何か問題が起こっていたとしても解決するでしょう。また事前にトラブルを避けることもできます。
ただし、周りの景色が良くない、熱すぎてゆっくり浸かれない、濁っているなど落ち着かない場合は、意味合いが異なってきます。温泉の夢は見た後にどう感じたかで吉凶が分かれます。
違和感を感じるようでしたら、現状に注意を向けてみて下さい。もし、誰かと一緒であれば、同性異性を問わず仲良くなれる、あるいは仲が良いということになります。

温泉の夢を見る心理的な背景とは?

温泉の夢を見る人は、普段の生活で問題を抱えていて、一生懸命解決に向けて奔走している人が多く、その糸口が見えつつある、あるいはすでに解決している状況の中で、1つの区切りとして見るケースが多いです。
窮地に陥ったこと、直面している問題が去ってホッとしたことが温泉の心地よさにつながっているのです。
物事が良い方に向かっているのを自分で自覚出来ているポジティブな精神状態なので、安らぎを感じつつ、前進していける自信につながります。次のステップに進んで更に良い運気を引き寄せましょう。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

何度も温泉の夢を見るのは、問題が解決していく現状に満足しているからだといえます。進むべき方向は間違っていないので安心して下さい。
自分の力でなしえた経験は大きな自信となり、今後の人生にもプラスになっていきます。これからも好スタートが切れるようプラスに捉えて下さい。夢の中だけでなく、実際に温泉に入ると綺麗さっぱり、気持ちが良いものです。
夢で見た景色の温泉を探して出かけてみるのも気分転換に良いでしょう。